引越しをして

引越しに掛かった時間は

引越しを終わり、田舎での生活が始まりました。
引越しに掛かった時間は一瞬であり、引越しは意外にも簡単でした。

 

田舎に引越しをしたために運転免許の取得が必要となりましたが、これから免許取得にも励まなければなりませんし、忙しくなります。
引越しの作業においては、とりあえず買ったダンボールに洋服、雑貨、生活用品を詰め、不要な物は捨てるという単純な作業がとても楽しかったです。

 

要らない物は捨てる事でより引越しが簡単になります。
後は引越し業者に連絡をして引越しを行なうだけで終了です。

 

自分が到着をする前に既に引っ越し先に荷物が入れられており、自分は後は荷物を解いて模様換えのように物を置いていくだけでした。
たったの一日で完了した引越しですが、ダンボールの梱包はまだ解いていない荷物も有ります。

 

引越しをした事で不要な荷物を捨てることもでき、すっきりと新生活を迎えられました。
引越し業者の人も親切であり、楽しく引越しができました。

これから引越しをする予定があるという方には、引越し一括見積もりの利用を強くおすすめします。
というのも、この引越し一括見積もりには非常に多くの魅力があるのです。

 

ですから今回はそんな一括見積もりの魅力について説明をしていきたいと思います。
まず、この一括見積もりは一度の手間で多くの業者の見積もり依頼ができるという特徴があります。

 

多くの見積もりを取る事できちんとした比較ができますし、一番安い業者を選べばそれだけで料金に関しては全く損のない引越しになる事でしょう。
また、業者同士の競合が起こりやすく、お客さんを取られたくないという気持ちから、業者が割引をたくさんしてくれるなどのメリットもあります。

 

その結果、普通に見積もりをとってもらう時よりも安くなるなんていう事もかなりあるのです。
ですからこの一括見積もりは、使わない手はないと言えるのではないでしょうか。

 

これから引越しをするのならば是非利用してみてください。

続きを読む

大学進学を機に引越しをしました。
私は大学を一度変更したために二度も大学進学のために引越しをした経験があります。

 

大学が終わるとまた実家のある田舎に帰る為に引越しをします。
引越しは行なうまでがかなり億劫ですが、考えるより産むが易しとは言いますのでとりあえず考えずに引越しをすると良いですよ。

 

考えてしまうとキリがありませんし、下手の考え休むに似たりという言葉すらありあまり良い事はありません。
私は初めて引越しを経験するまでは、引越しって面倒そうだなあと思っていたのですが、引越しを実行してみたところすんなりと終わりあっけなかったです。

 

引越しのために必要な事は、引っ越し先を決めて業者に連絡をし荷物をまとめて移動をするだけです。
その後、荷物を解いて各金融機関にて家賃の引き落とし設定などを行なえば、それ以降は十年前から暮らしていたかのように自然に住まえます。

 

日本の住居ですから特別変わった住まいも無く、それまで住んでいた場所と大差ない暮らしができます。

続きを読む

私の人生で引越しは3回しました。
一度目は実家から新潟県に学校へ通うためです。

3度の引越し

 

家電・家具は家電量販店やデパートで買い、下宿先に直接送ってもらいました。
今ではよく覚えていませんが、新しい家電と新生活にとてもわくわくしていたように思います。

 

次は学校を卒業し、働くために東京へ引っ越しました。
家電・家具を引っ越し業者の方に送ってもらったのですが、その手はずはほとんど母任せでどういった内容だったかは分かりません。

 

今思うに自分でやった方が良い経験になったと思います。
最後の3日目は東京から実家に戻る時です。

 

この時は自分一人で全て済ませました。
そして、ここで8年ほど付き合った家電・家具とはお別れです。

 

中古業者の方にほとんど無料で引き取られたのですが、粗大ゴミとして出す手間を考えると引き取ってもらえただけありがたいと思います。
電子ジャーや髭剃りという、食品や肌に接するものは断られ、家に持ち帰りました。

 

荷物はだいぶ少なかったので引っ越し業者の方に運んでもらった代金は1万円いかなかったと思います。
単なる家電・家具とはいえ、何年も付き合うと愛着が沸きます。

 

引き取られたそれらは今でも他の誰かの役に立っているでしょうか。
良い思い出です。

 

安い引越業者を選んだ事

3度の引越し

最近は大手の引越し屋さんに比べて価格の安い引越し屋の評判が高まってきています。
どうしてこれだけ安く抑える事ができるのか?と実際に利用した友人に聞いてみると、専門のスタッフが作業にくるのではなく下請け業者が来るのだそうです。

 

つまり、安く作業を請け負う下請け業者を多く契約して、仕事が入ったときだけ依頼するようにしているようなのです。
日本の企業において会社の経営を圧迫するのは従業員の給与です。

 

人件費が大幅に削減できれば、安い引越料金で請け負っても赤字になることもありません。
依頼が少なくても無駄な費用が発生しないので、倒産の危機に陥ることがないという..とても合理的な方法です。

 

ただ、聞いたところによるとサービスの質はやはり落ちるとのこと。
二十歳そこそこの経験の無いアルバイトが来ることもあるので、移動中に陶器が割れたりするようなトラブルもあると聞いています。

 

大切な物を運ぶ訳ですから、引越し業者は最安値を狙うのは考え物だと思います。

 

参考サイト:引っ越し業者で1番安い・お得な業者の簡単な探し方
http://xn--1-38t9a1097am2kt56ae1t.jp

 

 

続きを読む

引越しをすると新生活がスタートするのでどこか心が浮つきます。
特に若い人ですと引越しを切っ掛けに一人暮らしを始め、自分の好きなインテリアで部屋を飾ってみたい、なんて理想を抱いている人も多いと思われます。

 

好きなインテリアに囲まれるのも結構、好きなライフスタイルを作るのも結構ですが、引越しには必然的に大金が掛かってしまいますので、予算の範囲内に抑えるように気をつけましょう。
引越しには荷物の移動、新しい住まいへの賃貸料金、必要な家具の購入、新しい環境に備えるための様々な出費、などお金がとにかく掛かってしまいます。

 

一回引越しをするだけで10万円は掛かると言われており、平均で15万円程度は必要になってしまう引越しです。
引越しに浮かれて好きなインテリアを買っていたらお金が無くなってしまった、なんてことが無いように、堅実にお金の計算をして行きましょう。

 

インテリアはこれからいくらでもゆっくり揃えていけるのです。

続きを読む

引っ越し費用は思った以上にかかるものです。
しかし、できれば少しでも安く抑えたいと思うのがヒトというものです。

 

そこで、とにかく安くするために一般的には『複数業者からの見積もり取得』が求められていますが、今回はそれ以外にもある有効な方法をいくつかご紹介します。
まずは、『引っ越し時期』です。

 

年度末、年度初め、長期休暇などは比較的業者は込み合っています。
そのため、HP上でも明らかにされていることですが、このような繁盛期は通常の1.5倍〜2倍程度の費用になってしまうことがよくあります。

 

つまり、安い時期であれば10万円ほどであっても、繁盛期であれば20万円近くかかることは珍しくないことなのです。
業者にとってはどれほど前に予約したかはあまり関係なく、どの時期に利用する予定かということが重要になっています。

 

繁盛期はどこの業者でも同じような時期になりますが、安く済む時期というのは業者によって多少の偏りがあります。
できれば営業マンに直接「○○さんのところはどの時期が担当しやすいのですか?できれば安く済む時期にお願いしたいので、合わせようと思うのですが・・・」と申し出てみましょう。

 

この申し出は営業マンにとって非常に嬉しい申し出です。
何もしなくても仕事が入るのが繁盛期ですから、あえて営業が難しい暇な時期に客を獲得でき、その予定も好きなように立てることができるのです。

 

この営業マンにとってもメリットが、費用に反映されるという流れです。

続きを読む

引っ越しは業者さんに頼む、もしくは慣れた体力のある人に手伝ってもらうに限ると絶対に思います。
 引っ越しには大きな荷物を運び出す事もあり、力のある男手が必要との理由で主人が主人の兄を助っ人に呼ぶ事にしました。

 

子供たちが学校へ行っている間に引っ越しを済ませたかったため、平日に引っ越しをする事にしました。
その事でまず主人の兄に会社を休んでもらう事となり申し訳なく思いました。

 

 いざ引っ越し当日、細かいものはすべて前もって私が段ボールに詰めてしまっていたので、段ボールと電化製品、箪笥などを積み込むだけといった作業になります。
軽いものは私も運んだりできるのですが、大型のものは夫と夫の兄に任せるしかありません。

 

夫は普段から肉体労働をしていたので力はあるのですが、夫の兄はそうはいかずにすぐにばててしまい、作業がなかなか進みません。
疲れているのは分かるのでとにかく何回も休憩をとってもらい、その度にコンビニに飲み物やアイスを買いに行ったりと余計な仕事が増えてしまいました。

 

 結局は子供たちが学校から帰ってくる時間までに終える事もできなく、時間を取らせてしまった兄には渡すつもりのなかったお金を包む事になり、と慣れない者だけで行っても時間はかかるし、お金もかかるという結果になってしまったのです。
なので慣れた人に頼むか、どうせお金を使うなら業者さんに初めから頼んだ方が楽というのが私の結論です。

続きを読む

引っ越しをする事になりました。
普段は頼りない夫で、何をするにも私が決め、手続きをするという関係の夫婦でした。

 

しかし引っ越しが決まった時、いつもの夫ではない夫の姿が見えだしてきました。
 引っ越しの仕事の経験のある夫は初めて自分の分野の仕事を家族に見せる事ができると考えたのでしょうか? まずは自分でレンタカーショップに行き、2トン車を借りる契約をかわしてきました。

 

引っ越しの当日2トン車を家の前につけた夫は次から次に家の中から運び出される荷物をいかに隙間をの会くして積み込むかを考えながら量々よくトラックに積み込んでいくのです。
今まで先を考えて行動するといった事はできないと思っていただけに、この手早く上手に積み込んでいく夫には正直大変驚きました。

 

上手に積み込んでくれたおかげで数回の移動だけで済ますことができました。
あんなに頼りのない夫で私がいないと何もできない人だと思っていただけにこの時の夫の顔と行動は私の見る初めての顔で素晴らしい働きをしてくれたと思います。

 

この引っ越しを機に夫への見方も変わり、夫婦円満でやっています。

続きを読む