引越しのときというのはすでに新天地のことばかり

 賃貸から引越しをするときは、引越し作業のときに気を抜いてはいけません。

 

なぜならば、荷物がフローリングの床や敷いてある畳を傷つけてしまったら、出ていくときに傷つけた分を弁償させられてしまう可能性があるからです。

 

 賃貸というのは部屋を出るときに原状回復させなければならず、多少の傷ならば大目に見てもらえるかもしれませんが、明らかに目立つ傷を付けてしまえば、敷金からしっかりと多めに取られてしまいます。

 

引越しのときには、大きな家具だったり、家電製品だったり、収納用品だったりなど、かなり重量のある物を運んだりしますから、そのときに床だったり畳だったりを傷付けてしまうことがあります。
 引越しのときというのはすでに新天地のことばかりを考えてしまい、心が浮かれてしまって今まで住んできた部屋のことを疎かにしてしまいがちです。
しかし、賃貸の場合は退去日まで入居者が部屋を管理しなければならないので、最後までしっかりと注意を払うべきです。