引っ越し費用は思った以上にかかるものです。
しかし、できれば少しでも安く抑えたいと思うのがヒトというものです。

 

そこで、とにかく安くするために一般的には『複数業者からの見積もり取得』が求められていますが、今回はそれ以外にもある有効な方法をいくつかご紹介します。
まずは、『引っ越し時期』です。

 

年度末、年度初め、長期休暇などは比較的業者は込み合っています。
そのため、HP上でも明らかにされていることですが、このような繁盛期は通常の1.5倍〜2倍程度の費用になってしまうことがよくあります。

 

つまり、安い時期であれば10万円ほどであっても、繁盛期であれば20万円近くかかることは珍しくないことなのです。
業者にとってはどれほど前に予約したかはあまり関係なく、どの時期に利用する予定かということが重要になっています。

 

繁盛期はどこの業者でも同じような時期になりますが、安く済む時期というのは業者によって多少の偏りがあります。
できれば営業マンに直接「○○さんのところはどの時期が担当しやすいのですか?できれば安く済む時期にお願いしたいので、合わせようと思うのですが・・・」と申し出てみましょう。

 

この申し出は営業マンにとって非常に嬉しい申し出です。
何もしなくても仕事が入るのが繁盛期ですから、あえて営業が難しい暇な時期に客を獲得でき、その予定も好きなように立てることができるのです。

 

この営業マンにとってもメリットが、費用に反映されるという流れです。