私は埼玉県内で高校生時代までを過ごしました。
そして高校を卒業して東京の大学に合格したのを機に都心にある大学に通いやすい都内の賃貸アパートへ引っ越して一人暮らしを始める事になったのです。

 

私は赤い軽トラックで有名な単身者向けの運送会社に引越しを依頼し、荷造りや開梱は全て自分で行うプランで引越しを行いました。
引越し当日、赤い軽トラックに乗って運送会社の人が午前中に私の実家にやってきて「おはようございます。

 

本日引越しを担当させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

」と元気に挨拶をしてくれたので安心感が出てスムーズにドライバーさんと荷物の搬出と積み込みが出来ました。
実家の私の部屋から荷物が全て搬出出来、積み込みも終わって私は電車、ドライバーさんは赤い軽トラックでそれぞれ都内の私の引っ越し先である木造アパートへ向かいました。

 

電車を乗り継いで私が都内の木造アパートへ向かうとアパートの前にはすでにドライバーさんと軽トラックが停まっていました。
そしてドライバーさんと再び荷物の搬入を行い、全ての作業が終わったのは午後3時頃でした。

 

ドライバーさんは「本日は有難うございました」と元気良く挨拶をして、車に乗って去っていったのでした。